ハロプロを好きになっていくにあたって、ハロプロのグループ、メンバーの活動や趣味趣向などについてもっともっと知りたい欲求が芽生えてくると思います。

(私自身が現在進行系でその状態ですので 笑)


ハロプロ、メンバーに対する知的好奇心を存分に満たしてくれるツールとしてオススメなのが某巨大掲示板、およびそのまとめサイトです。


ただし、掲示板のハロプロ関連のスレッドには長くハロプロを応援されている方にとっては常識でも新参にとっては理解不能なスラングというか、むしろ暗号のようなワードが公用語として飛び交うのが日常となっております。


その中には江戸川コナン氏のような数々の難事件を解決へと導いてきた誰もがその名を1度は耳にしたことがあるであろう天下無双の名探偵殿もお手上げの難解ワードが数多く存在します。


私も、最初はそれら米軍が保有する最新鋭の暗号通信のような初見殺しの難解なハロプロ用語のオンパレードに泣かされました。


しかし、ルールを覚えてから観戦するラグビー同様、難解なハロプロスラングの数々のボキャブラリーを徐々に習得していってからというもの生活の次元上昇を体感せずにはいられない日々へと日常が変化していっているのです。


たとえるなら、まるで長年悩まされ続けてきた身体の不調を青汁を飲んでから劇的に健康のV字回復を達成し、歓喜のあまり愛猫にまで青汁を与えはじめるおばあちゃんの気分に近いかもしれません。


なので、モーニング娘。アンジュルムを知り、興味を持ってしまったがために、これからハロプロを応援していこうというあなたにも情緒溢れるハロプロスラング(通称ハロスグ)の数々を知って頂き、ハロプロを応援する生活をより有意義なものにしていって頂ければ幸いです。


少しでもそのお役に立てればと先人たちが築き上げてきた言葉の大吟醸、『至高のハロスグ集』を記したハロプロ用語辞典的なものがこのページになります。


※日々増殖を続け、もはやハロスグは天文学的数に及ぶため、日々更新を心がけますが、不足があるやもしれませぬ。

※基本的にアイドルヲタ(ドルヲタ)全体で使用されているワードではなく、ハロプロに限って使用されるワードをピックアップしておりまする。

※言葉の解釈には個人的主観が入るため、ここで獲得した情報を使用しあなたに不利益が生じた場合でも一切の責任は負いかねますことをご理解の上お読みください。

ハロメン必殺技(名言、エピソード)集めました。

譜久村聖

明日なんて来ると思うなよ

別れ際に「また明日ー!」と言って立ち去ろうとした小田ちゃん(小田さくら)に対してリーダー譜久村聖が放った深イイ言葉、それが「明日なんて来ると思うなよ」である。ふくちゃんがどのような意図でこのセリフを吐いたかは不明だが(おそらくふざけて)、前世から徳を積んで今世を生きる小田ちゃんにとってはその言葉はハッとさせられ、深く考えさせられるリーダーからの深イイ言葉となったらしい。

奢るふりしてやんよ☆

2014年のある日、仕事終わりに先輩やメンバー達にテレ朝夏祭りに誘われ、所持金をあまり持たなかったことから断ったおだちゃん(小田さくら)。しかし、帰り際に、「おだーん行くぞぉ!」とえりぽん(生田衣梨奈)が肩を組んで半ば強引に誘ってきた。再び「お金持ってないです!」と小田ちゃん。すると、えりぽんとは逆サイドからふくちゃん(譜久村聖)が肩を組んできて小田ちゃんの逃げ場を無くして「奢ったフリしてやんよ☆」と先輩二人によって小田ちゃんは連れ去られたのであった。「奢ってやんよ☆」だと気を遣わせてしまうと考えて「奢ったふりしてやんよ☆」と後輩に気を遣わせないよう配慮し、なおかつ先輩二人で密着して半ば強引に連れ去る。この粋な先輩ふたりのイケメン過ぎる行動に湿った小田ちゃんなのであった。

譜久村ダッシュ

道重さゆみの卒業コンサートにて披露された伝説的なモーニング娘。リーダー継承の儀式。

最終公演用に組まれたスペシャルメドレーの途中、道重は足をつってしまい、思うようにダンスができなくなる一幕があった。
道重はもともと足がつりやすい体質で、むくみやすいこともあることから水分を多くとるという対策もしづらい。
メンバー全員で表現するフォーメーションダンスがモーニング娘。の持ち味であり、道重が動けなくなることはパフォーマンス全体に大きく影響する危機的状況である。
パフォーマンスの中盤で、メインステージから花道を歩いてセンターステージに移動することになっていたが、道重は動けず、メインステージにひとり立ったまま歌うという状態になっていた。
さらに運の悪いことに、その次には道重・譜久村の2人による『好きだな君が』がセンターステージで披露されることになっていた。
道重はメインステージから移動できず、譜久村を含めたほかのメンバーはすでにセンターステージに移動し、パフォーマンスを続けている。

そして『好きだな君が』のイントロが流れる直前、譜久村は道重がいるメインステージに向かってダッシュした。
それを見た道重は安堵したような、それ以上に嬉しそうな笑顔を見せて譜久村を迎え、メインステージで『好きだな君が』を披露した。

これは譜久村ひとりでなしとげたものではない。実はほかのメンバーの協力があった。

まず、センターステージへの移動をするときに、道重が動けないと判断した飯窪が率先して先導し、メンバーを導いた。

おそらく、予定では道重が先頭で移動することになっていたのだろう。

そこでまごつくとパフォーマンス全体が崩れてしまう。

最初のピンチを救ったのは、サブリーダーの飯窪だった。

また、道重が移動できなくて9人になったとき、譜久村が道重のもとに走って8人になったとき、残ったメンバーは声を掛け合うこともなく、目配せだけで残った人数で美しく見えるフォーメーションダンスに切り替えていた。

実際、このとき道重の足がつっていることに気付いていなかったファンは、一連の動きがすべて演出だと思っていたほどに完成されたものだった。

【ハロペディア】http://hellopedia.net/より引用

生田衣梨奈

尿管アイドル

自身のバースデーイベントで足つぼマッサージを受けるえりぽん(生田衣梨奈)。押されてあまりの激痛に思わず叫び声をあげてしまったツボがあった。足つぼの先生によると、そこを押されて痛いのは『尿管が悪い』とのこと。翌年、再びえりぽんバースデーイベントにて足つぼマッサージの先生登場。ファンから寄せられた質問で『取得してみたい資格』を答えていくついでに足つぼマッサージを受けるえりぽん。「ネイルの資格欲じぃぃぃぃぃっっっっーーーーーー!!!!!!いゃぁ!!」と叫び声をあげる。「先生これは?」と問う司会の上場軍団さわやか五郎。すると先生「尿管です☆」ということで会場も歓喜の雄叫びに包まれた!! 施術前のさわやか五郎による「今年の尿管は改善されているのか!?それとも19歳も尿管アイドルとして活動していくのかぁぁーーー!!??」という煽りに登場した『尿管アイドル』という通常では絶対に相まみえることのない相反する二つのワードの複合体。それが『尿管アイドル』なのである。

飯窪春菜

コルセット

飯窪 春菜(モーニング娘。10期)を指す。尾形春水(モーニング娘。12期)が「飯窪さんは胸にコルセットみたいなやつを装着してる」とヤンタンで発言したのが事の発端。狼板では『コルセット(レーズン)飯窪春菜さん』のようにはるなんを飾り立てる形容詞的な使われ方をする。『レーズン』部分に関しては、あえて言及せずに迷宮入りさせてしまおうかなと思っております。

石田亜佑美

川c ’∀´)<これトラ?

Dマガでモーニング娘。メンバーで動物園に行った時にライオンの前であゆみん(石田 亜佑美 モーニング娘。10期)が放った一言。瞬時に両サイドのはるなん(飯窪 春菜)とおだちゃん(小田さくら)から「ライオン」とファイナルアンサーが返ってきたのであった。

だーいし感

石田亜佑美(モーニング娘。)が身にまとう言葉にできない『何か』の総称。彼女が写った写真やDVD MAGAZINE等の映像にその独特の『何か』が醸し出されることが多い。

佐藤優樹

お前が一番ヤベーよ!

加入当時、まーちゃん(佐藤優樹)を表現する際に、同期で同い年のどぅー(工藤遥)は、まーちゃんのその天真爛漫で一般常識が多少欠落した天才タイプに多いキャラクターっぷりを目の当たりにし、「まーちゃんってすごいヤバイ子なんですよー」と外部に触れ回っていた。しかし、その数年後、まーちゃんの逆襲が始まった。事の発端はモーニング娘。10期がまだ選考段階の佳境、モーニング娘。10期メンバーオーディションの合宿審査にまで遡る。当時から持ち前の社交性の高さで、合宿参加者みんなに「名前なんですかー?」「どこ出身ですかー?」とコミュニケーションを図っていたまーちゃん。はるなん(飯窪春菜)をはじめとしたほとんどの子は、まーちゃんとの交流に快く乗っかってくれていた。しかし、ただ一人、当時は狂犬化したチワワさながらの無類のイキリっぷりを遺憾無く発揮していた工藤遥だけは周囲とは異なる反応で後の最愛のパートナーとなる佐藤優樹を戸惑わせた。まーちゃんからの質問に対し、高圧的で食い気味な態度で「名前なんでs」 「工藤遥っ!」 「どこ出身?」 「ハロプロエッグ!」と、狂犬ナルシス全開にて対応。出身地を聞いたつもりだったのに、まさかの「ハロプロエッグ」という未知の回答に戸惑うまーちゃん(当時、まーちゃんはハロプロエッグを知らなかった)。「え、ハロプロエッグってなに?」と聞き返すも、またもや威圧的なトゲトゲしい態度で「ここぉ!」(合宿が行われたスタジオがハロプロがレッスンなどを行うスタジオ)と返答され、「この子、ヤバイ!」というのが佐藤優樹が工藤遥に対してのファーストインプレッション。という初期の工藤遥との鮮烈な出会いを回想した上で、加入当時の「まーちゃんってすごいヤバイ子なんですよー」と喧伝していたどぅーに対する、まーちゃんの積年のツッコミの集大成、それが「お前が1番ヤベーよ!」である。ちなみに、上記のストーリーを語る上で、前置きとして、まーちゃんは「どぅーのその時(合宿審査の時)の服も覚えてる、ウザすぎて!」と語っている。事実は小説より奇なりとは良く言ったもので、この二人の出会いの強烈なマイナススタートが後に最高のパートナーシップを構築し、翼くんと岬くんもビックリのゴールデンコンビ、“まーどぅーコンビ”としてハロプロ、そして、モーニング娘。史上を代表する看板コンビとしてファンの心を鷲掴みにし、幾年幾月の時を経ようが、まーどぅーの尊さは滅することなく、永久に後世へと代々語り継がれていくこととなる。

「鞘師さん倒します」

まーちゃん(佐藤優樹 モーニング娘。10期)がりほりほ(鞘師里保 モーニング娘。9期 卒業済)に送信したメール。唐突に送られてきた挑戦状的な「鞘師さん倒します」メールにビビる鞘師。すると前方座席のリクライニングが倒されたというアンジャッシュ的展開が待っていたという。

チラビラシ

まーちゃん(佐藤優樹)がモーニング娘。入りするキッカケとなったモーニング娘。新規メンバーオーディション?を告知する媒体。なお、このチラビラシは、まーちゃんのお父さん(通称:父)の手から愛娘へと渡った。ハマカーン神田氏(神田うのの実弟)の提唱する説としては、『チラビラシ』は『チラシ』と『ビラ』がこんがらがって出来上がったものとされているが、真相は明らかになってはいない。

ピろし(のコンサート)

2009年10月のまーちゃん(佐藤優樹)のスケジュール帳にもっとも多く記載されていたワード、それが「ピろし」である。この月のスケジュールは4日の「インフルエンザー」からスタートしており、17日まで横棒で引っ張り「インフルエンザー」が継続しているのが見て取れる。だが、16日と17日にはそれぞれ「なおった」とも記載されている。そして、待ちに待った運命の18日が「ピろしのコンサート」だったらしい。その後、「じゅく」や「くもん」「おでかけ」などのスケジュールが組まれているが、4度の最多登場を果たしたスケジュール、それが「ピろし」である。「ピろしです。。。」

やしゅだしゃん(の子)

2015年、関ジャニ∞の冠番組“関ジャム”にモーニング娘。’15が出演。娘。と一緒に What is LOVE のパフォーマンスに参加した関ジャニ安田章大氏とまーちゃん(佐藤優樹)が2番のサビ前で“あること”をしいたらしくその見所をVTRに移る前にまーちゃんがプレゼン。しかし、「安田さん」と言おうとしたまーちゃんが「やしゅだしゃん…」と言ってしまった。その「やしゅだしゃん…」と言ってしまった時の様子が可愛いと関ジャニファンからもお見知り置きされた。
2018年6月に再び関ジャムに出演した際には成長というより、エースとして覚醒した凛々しいまーちゃんのパフォーマンスをお茶の間に見せつけた。
その3年前とのギャップに関ジャニファンの方々をも「これ、あのやしゅだしゃんの子?」と、驚かせた。

小田さくら

俺のアイスがない!

工藤遥撮影のもと、何かを撮影しながら何かをアレしていく、公式パロディ企画『ハル!ステ』で工藤がアレしていたところに、突然、フレームインしてきた小田ちゃん(小田さくら)。そして、呪文のように「俺のアイスがない!」と連呼。その件は華麗にスルーしながらも、小田ちゃんに話を振ったりしながらトークを進めていく工藤遥。最後は不貞腐れ気味の表情で「アイスぅー!」と言いながらしゃがみこみフレームアウトする小田ちゃんの様子があまりにも可愛らしいと評判になった伝説の『俺のアイス』。ちなみに、『俺のアイス』というのは『俺のアイス』という商品名のアイスだとされる説が濃厚。差し入れか何かで俺のアイスをトッピしておいた小田ちゃんの『俺のアイス』が何者かによって食奪されたという可能性が示唆されており、その犯人は前科者のだーいし先輩だとファンの間では囁かれている。

野中美希

アメリカの血が騒ぐ


日本にて、欧米チックな何かと遭遇した際にノリに任せてウィーって感じで騒いでパーティーしたくなる、ちぇる(モーニング娘。野中美希)がそのアゲアゲな感情を内観して『アメリカの血が騒ぐ』と結論づけた。

のなえもん(ちぇるえもん)

コンサートのMCで披露された野中美希のドラえもん(のぶ代ver.)のモノマネのクオリティがfabulously過ぎることによる。あるファンによると「微妙な息遣いまでソックリ!」と評されている。複数回に渡りチェルのドラえもん(のぶ代ver.)を目撃したスタッフさんからは「野中がだんだんドラえもん(のぶ代ver.)に見えてきた」というくらいドラえもん(のぶ代ver.)成分が野中美希に内在している、というか、ちぇるのスタンドがドラえもん(のぶ代ver.)ということなのである。

牧野真莉愛

お局(おきょく)、おちぼれ

2018年2月12日テレビ東京で放送されたモーニング娘。20周年記念スペシャルでの一幕。
石川梨華の名物キャラ、“チャーミー石川”の後継的扱いのマリリン牧野が中澤裕子と石川梨華と共演する場で「神様、仏様、栗山監督、中田翔様、マリリンにお力をください。お局に立ち向かう勇気をください。」というセリフで「お局」を「おきょく」と言ってしまい、中澤裕子に指摘されていた。
中澤姐さんからは「自分でそれ訂正するのもおかしいけど、私たちのこと“おつぼね”って言わいといけなかったような気がする」と言われ、マリリン牧野にお局の概念が存在しなかったらしく、「おちぼれ?」と確認する超天然素材っぷりを発揮してくれた。

まりあんLOVEりんですっ

牧野 真莉愛(モーニング娘。12期)の自己紹介、キャッチコピー。最初はファンからも痛いとしか思われていなかったが、どんな批判を浴び続けようと挫けることなくやり続けた結果、徐々に認められ、普及していった。2016年5月からは自身がパーソナリティを務めるCBC放送ラジオ番組がスタート。タイトル名にもそのまま『牧野真莉愛のまりあん♡LOVEりんですっ♡』が起用されている。
>>個性溢れるまりあんLOVEりんのEating Style Of My Love

森戸知沙希

くっせ!!チーズくっせぇ!!!!!!

ある日、楽屋入りした森戸知沙希の嗅覚が謎の激臭により痛撃された。鼻のひん曲がるようなあまりの悪臭に「くっせぇ!!!!!」と叫び、その場に卒倒する森戸。臭いの元は牧野真莉愛が楽屋で食べていた大量のゴルゴンゾーラ粉チーズをぶっかけたパスタ。かろうじて意識喪失を免れた森戸はゲロ以下の匂いがプンプン漂う楽屋から逃亡を試みる。しかし、漂う臭気の元凶であるゴルゴンゾーラチーズをその手に抱えたまま「ちぃちゃん、待ってーーーー!!!」と追いかけ回してくる真莉愛。最新鋭の米軍式ホーミングミサイルのように追跡してくる真莉愛は迷惑ではあるがただ単に天然の副産物が迷惑に振れただけのこと。しかし、もし楽屋でパスタを食べていたのが生田パイセンだったらというパラレルワールドを想像すると、このほっこりする話は、目を覆いたくなるほど残虐で、楽屋のチーズ臭も血の匂いで覆い尽くされるほどのゾッとする話に変わっていたかもしれないと予想されている。

和田彩花

かまちょ

あやちょ(和田彩花 アンジュルム)がメンバー達にかまって欲しい時に何かしらのちょっかいを出すこと。一般的な若者言葉の『かまってちょうだい』の略とほぼ同義だが、『あやちょ』と『かまってちょうだい』と『ちょっかい』が絶妙な塩梅でハイブリッドされた、まさに和田彩花のためにあると言っても過言ではない用語である。こちらの用語を実際にアンジュルムメンバーが使用した例として「わだちょがかまちょしてくる」というものがある。

ポックポーン

どうしても“ポップコーン”と言おうとすると“ポックポーン”になってしまうあやちょ。初期のロリあやちょの天使のようなルックスでポップコーンと言いたいけど“ポックポーン”になってしまうとか罪深すぎる…
それをイジルゆうかりんとW天使とか天変地異とビックバンが弾けて混ざった威力に等しいものがある。

竹内朱莉

「ありきたり過ぎてつまらんよ」

2017年11月、アンジュルムが、ベッキー&ハマ・オカモトがMCを務める番組『FULL CHORUS』に出演した際に、恒例のベッキーリサーチのコーナーにて飛び出したタケちゃん(竹内朱莉)の一言。当コーナーは、事前に『他のグループで一番カワイイ人は?』という質問を全ハロプロメンバーから答えてもらい、その中で出演したグループの中でもっとも多く票を獲得したメンバーを発表するというもの。結果、前評判通り、カミコ(上國料萌衣)が1位を獲得したのだが、番狂わせもなしのごくごくストレートな当たり前の結果に対し発されたタケちゃんの「ありきたり過ぎてつまらんよ」はどことなくシャアアズナブルを彷彿とさせる口調であった(主観)。

泥だんごの要領

地球上で地球の次に青い球体である竹内朱莉の形成過程。
竹内母が愛娘出生時に絶壁頭になって欲しくないとの願望を抱いた。
母のその強い願望が通常では考えつくことのない斬新なアイデアと実行力を生み出した。
愛娘に美しい頭部の形状を授けるために、幼い娘の頭部を泥だんごを作る要領で転がしたのである。
地球上に存在するあらゆる球体の中でも常にトップに君臨し続ける竹内朱莉、ちゃんさんが夢中になって惚れ込む理由も納得である。
しかし、そのあまりに滑らか過ぎる人体の造形美の陰には母が娘を思う強い気持ちと、地道な努力、そして、究極のゴッドハンドが隠されていることを我々は忘れてはならない。

バリバリ財布(ビリビリ財布/ボロボロ財布)

竹内朱莉(アンジュルム)が長期に渡り愛用していた財布。ナイキのロゴが全面に押し出されたマジックテープ式のナイロン財布。兄のお下がりを大切に使用していたタケちゃん。倹約家であることに定評のある竹内のキャラクターも相まってバリバリ財布を愛用するタケちゃんに多くのファンが好感を示した。また、もはやバリバリ財布は竹内の代名詞でもあったので、将来の夢である『億万長者』とプリントされた青(竹内のメンバーカラー)のバリバリ財布を自身のバースデーイベントにて発売。なお、『億万長者』の文字は書道の腕前がプロ級である竹内自身によって書かれたものである。

室田瑞希

団長室田

ラジオ日本で放送される、アンジュルムステーション1422の名物コーナーに登場するむろたん扮する団長室田がはっちゃける。それが「団長室田」のコーナーである。ノリッノリで即興ソングを熱唱し、リスナーにエールを送って元気パワーを注入するというドラクエのハッスルダンス的な大好評の企画なのである。

変なダンス

むろたん(室田瑞希)によるハイレベルの即興ダンス。その珍妙奇怪でエキゾチックかつアグレッシブな優雅な舞は、動画投稿サイトから全世界へと拡散されまくり、『ジャパンのクレイジーガールのイカしたダンス』を一目見ようとアクセスが集中し、短期間の間に本家の公式MVの多くを上回る100万を超える再生回数を獲得!

むろカッコイイ

むろたん(アンジュルム室田瑞希)の極度に露出多めファッションがあまりにもエロいと評判だったが、ただ単に「むろたん、エロい!」というのもなんか違う気がしたのか、「むろたん、エロかっこいい!!」という風潮にすれば万事OKな感じがしたけど、毎回「むろたん、エロかっこいい!」と言うのもメンドーだし、「もう、むろカッコイイでよくね?」的なノリで付けられたむろたんの通り名。だと予想している。なお、誰がつけたかは知らないが、名付け親のネーミングセンスは抜群の模様。

上國料萌衣

テンションの高い花火

2017年、かみこ(アンジュルム上國料萌衣)のバースデーイベントにてゲストとして登場した佐々木莉佳子と『難解!莉桂子ジェスチャーゲーム』が行われた。与えられたお題を莉桂子がジェスチャーし、かみこがそのお題が何なのかを当てるゲーム。お題はかなり難解なものが多く、『テンションの高い寿司屋』や『宇宙人』(は簡単だったのだが、)その流れで『テンションの高い宇宙人』など相次ぐ『テンションの高いシーリーズ』によって莉桂子は疲労困憊の様子。ノルマだった10門正解に届かなかったため、最後、泣きの1チャンが与えられた。そのお題が『打ち上げ花火』であった。1公演こなした後くらいの疲弊した身体にムチを打ち、全力で打ち上げ花火を演じる莉桂子。その莉桂子の頑張りに応えるためにかみこも知恵を振り絞り『花火!』とあと一歩の回答。その二人の頑張りに心を打たれ助け舟で「何花火?」と、ヒントを出す司会の上場軍団鈴木啓太氏。その瞬間、かみこに天からインスピレーションが舞い降りた。カミコの中でこれまでバラバラに散らばっていたパズルのピースが完全にガッチリとハマった瞬間である。これだ!とばかりに『テンションの高い花火ーーー!!!』と、正解を上回る120点満点の奇跡の回答を繰り出した上國料萌衣のファインプレーは高く評価されている。まぁ、不正解なんだけどね 笑
>>リリイベでカミコと握手した話

笠原桃奈

ピスタチオの粉クズ

笠原桃奈フィルターを通して見た時のオレンジピール。(ハロドラ#275参照)とても中二とは思えない、いや、中二独特の?ハイセンスな言葉のチョイスに大先輩道重さゆみもどハマり!
>>先輩佐々木莉佳子を盛大にdisるかっさー

フォー!!

かっさーのテンションが最高潮に達した時に五臓六腑から発せられる特定の周波数を帯びたエネルギー物質。

金澤朋子

ここだよ朋子!

Juice=Juiceコンサートで歌われる楽曲『Magic of Love』のかなとも(金澤朋子)パート「どこにいるの〜」の合いの手的な役割を果たすコール。発生源はある一人の熱狂的なかなともヲタだという説がある。MCでかなとも本人も「ここだよ朋子って言ってる人がいる。いやいや、お前じゃないからw」とツッコんだ上で「やりたかったらやってね。反応はしないけど」と承認された模様。そこから一気に広がり、年々「ここだよ朋子!」コールのdB数値が上昇し、一説によると間も無く大地が歪む勢いだとされている。マレーシア等の海外のヲタも「kokodayo tomoko!!」をきっかけに日本語習得に励んでいるらしい。余談だが、『Magic of Love(MoL)』は元は太陽とシスコムーンの楽曲である。

宮本佳林

全粒粉


自身が定義するアイドルとしての理想をストイックに追求するちゃんさん(Juice=Juice 宮本佳林)は『食』に対しても徹底的に健康&美容志向であることは有名である。その中で、パンやクッキーといった通常は小麦粉を使用する食品を全粒粉を使用するこだわりによって周囲を驚かせた。未来のAI技術が導き出したかのようなちゃんさんによって計算され尽くした美味しいとヘルシーを両立させた意識の高い料理は“あの黒木料理長”をも、GNOの料理コーナーで緊張感を感じさせ、「ブログ見ましたよ。全粒粉ってなんだよー。もう、おっかなビックリだよー」とその道のプロにまで白旗を揚げさせてしまうほど。ちなみに全粒粉とは、通常の表皮と胚芽を除去した小麦粉とは異なり、表皮、胚芽ごと粉末にしたものである。そのため、全粒粉の方がビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれ、その分、糖質、カロリーが抑えられるため、健康・美容食として意識高い系の人たちに受けが良い。

山木梨沙

雨乞いダンス

山木梨沙(カントリーガールズ)がデビュー前、モーニング娘。12期メンバー「未来少女」オーディションにて披露したダンス。その時の曲が℃-uteの『悲しき雨降り』だったのと、山木さんが披露したダンスが実際の℃-uteのものよりもファンシーな出来栄えだったために『雨乞いダンス』と命名された。本人は黒歴史として封印していたものの、AbemaTVにて放送された『モーニング娘。20周年オーディション』番組内でその映像が流され、番組に出演していた山木さん本人も羞恥心を隠しきれない様子だった。身分の高いご令嬢が羞恥の情にかられる様子はファンをキュン死へと追い込む破壊力を秘めていた。その放送後の後日、植村あかり(Juice=Juice)のバースデーイベントにて植村が『悲しき雨降り』を披露した際にサプライズゲストとして山木梨沙が登場。植村本人は山木がゲストで登場することを知らされていなかったためブログにて「くるの知ってたら2人でできたのに」と綴っていた。一方の山木もブログにてその件に触れ、「私がサプライズゲストであることを知らなかったあかりちゃんが、あの曲を、しかも私が登場する回のみ、披露していたのは、呪いなのか運命なのかなんなのか……笑」と、予測不能な怪奇現象を嘆いていた。

無洗米ウォッシャー

山木梨沙(カントリーガールズ)の代名詞。カンガル(カントリーガールズ)Dマガ3(DVD MAGAZINE Vol.3)にてメンバーみんなで力を合わせてカレーを作る回で起きたウルトラE難度のミラクル! この回ではお米炊き担当の山木さん。作業終了後にももち先輩より「お米係誰? ちゃんと洗った?」との問いかけが。完全に目が据わってるももち先輩からの問いかけにビビる山木さん。「え?洗いました。」と答えるも「どれくらい?」と更に後輩を追い詰めるももちパイセン。「えっと、もう、10回くらいは洗いました。」と自己の行動が正当であることを主張する山木さん。すると、ももちパイセンは米袋を広げながら「洗う手間なし、簡単無洗米〜♪」とキッチリ落として劇団ももちショートコント完。以来、『無洗米ウォッシャー』の戒名で愛され続ける山木家ご令嬢、才女梨沙様。
>>山木お嬢様とイケメンとのデート秘話

森戸知沙希

やまきぃ!ちぃが読むんだよ!

カントリーガールズのラジオ番組で自身のターンを山木さん(山木梨沙)によってしれっと略奪された時のちぃ(森戸知沙希)が放った一言。声色から静かではあるが確実に腹の底では確実に憤慨していた様子が伝わり話題となった。以後、山木、森戸が直接ないしは、間接的にも関わっているであろう話題のスレ(主にエロ目線)では、ほぼ確実に『やまきぃ!ちぃが○○だよ!』という投稿をしてくる輩が現れるようになった。ちなみに、その後の番組で森戸自身はその発言は怒っていたわけではなく、どちらかというと拗ねたような感情であった旨を打ち明けているが、疑問視される声が多いようである。

梁川奈々美

アイドルになぎたい

ハロプロDマガ(DVD MAGAZINE vol.57)内でJuice=Juiceメンバーで家族(なぜかかなともは犬)設定でのドラマが繰り広げられた。その中で娘役のやなみん(梁川奈々美)が「アイドルになりたい!」という設定であったのだが、その「私アイドルになりたいの!」というセリフがおもいっきし「アイドルになぎたい」と聞こえたため、メンバーから「アイドルになぎたいの〜?」とイジられていた。やなみんのラ行の滑舌萌え萌えキュンキュンエピソードの数々はストレス社会の現代日本を救済する!

進化というシステムをご存知ない?

2016年2月、カントリー・ガールズの発売記念イベント@昭島モリタウンにてポケモン20周年の話題になり、ポケモン大好きで小学校の時にポケモンプラチナを450時間もやり込んだやなみん(梁川奈々美)のポケモン愛に火がつき熱く語りはじめた。対照的に、おぜこ(小関舞)はポカン気味。そこでPMももち(嗣永桃子)先輩がおぜこに「舞ちゃん、わかる?ポケモン?」と話を振るも微妙な反応。ピカチュウは知っているようだったが、「ピカチュウが進化したのは何か知ってる?」との問いに「シンカ…?ってなんですか?」と返すおぜこに対して、けしからん!とばかりに、やなみんから「進化というシステムをご存知ない?」とアタック25みたいな名言が飛び出した。このての発言が当時14歳の見た目幼女の口から出るのだから恐れ入る。

もうかでこでごどくじかん

書いては消しての“I Love You”(カントリー・ガールズ)内のやなみん(梁川奈々美)のセリフ「もうかれこれ5,6時間」が舌ったらずな感じになってしまい「もうかでこでごこくじかん♪」という感じに聞こえるのが萌えてしょうがないと狂信者たちの間で話題に登った。ちなみに、カントリー・ガールズのラジオ内でメンバーもその件について言及し、やなみんをイジっていた。

船木結

かんきわぶかい

“感慨深い”と“感極まる”がこんがらがって生まれた船木結オリジナル用語。Dマガかなんかの一幕で感慨深いと言いたかったらしいが、「感極深いですね〜」と言ってしまった。隣にいたちぃ(森戸知沙希)からは「もう、感極まるでしょ 笑」と訂正されるも、そっちじゃねーー!っていう感じだったらしい。ちなみに、“感慨深い”も“がんがえぶかい”と勘違いしていたとのことで『カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中2018/6/10』の放送内でそのことに気づいたらしい。むちゅぶキャワイイ♡

広瀬彩海

クリームパン

あやぱん(広瀬彩海)の両腕の先端部分、いわゆる『手』に当たる部分がこぶしを握った際に、小さく、愛くるしいバブ味を帯びつつも、その形状がフィボナッチ数列により導き出された黄金比によって生み出されたかのような美しさであることが発覚。その造形美の極地ともいうべきあやぱんの手は、人類が古来より創造してきた、我々人間が本能的に美しいと感じる数々の建造物や美術品の集大成である『クリームパン』を以って喩えられるのである。クリームパンの他にも『ミルクパン』『おてて♡』『真の柔らかさ』などの声が挙がっている。しかし、あやぱん本人は自身の手について弄られることを快く思っていないようである。個人的にはクリームパンの喩えを以って弄られることでより一層、その可愛さが際立つと感じているので、あやぱん本人が少しでも不快に感じているのであれば、そのイジリはイジメへと変わってしまうため、そのように、アンビバレントな感じになってしまうのは残念でならない…

浜浦彩乃

「危なくないよ!チョッパーの帽子かぶってたし!!」

埼玉県出身のはまちゃん大佐(こぶしファクトリー 浜浦彩乃)が埼玉県民が温かい理由として『知らないおじさんがジュースやお菓子を買ってくれた』と発言。さすがに、このご時世、変質者も多く、犯罪に発展するケースも多いことから、メンバーやファンからは「危ないよ」と注意される。しかし、純粋でキレイな心の持ち主である、はまちゃん大佐は正当な理由を持ってその意見に反論した。その反論が「危なくないよ!チョッパーの帽子かぶってたし!!」である。

>>独自のカルチャーで生活する埼玉県民他。なハロメン達

キャプテン翼

はまちゃん大佐(こぶしファクトリー 浜浦彩乃)の超スーパー小顔&ロング美脚+少々の肩幅から造形されたスタイルバランスがキャプテン翼のキャラクター達の謎デフォルメされた体型と比較しても遜色ないことから『キャプテン翼のような体型』『高橋陽一体型』と賞賛されることが多い。似たような体型を持つ人類として野球の大谷翔平選手などがいる。

フランシスコサン

こぶつば(こぶしファクトリー&つばきファクトリー)の数名で行われた言葉の並び替えクイズ(アナグラム)的な企画。お題は『フラスコ三振』。そこで飛び出したはまちゃん大佐の名回答、それが『フランシスコサン』である。正解はサンフランシスコなのだが、はまちゃんの隣のれなし(サンスコラクシンと回答)も「いるじゃんそんな人〜」と共感を示し、大佐は大佐で「いるよねー!」と意気投合した。

浅倉樹々

うるさーい!

世界のどこかで武力抗争は起きてはいるものの、ここ平和な日本でのある日、藤井梨央、浅倉樹々、広瀬彩海の3人がフードコートで食事をしていた時に突如としてキキちゃんが「うるさーーーーい!」と机をぶっ叩いてブチギレた。理由は隣の席の大学生ぐらいの男性5人組が超うるさかったから。なお、5人組はまったく聞いてなくて変わらずうるさかった。 直後に「はっ、樹々言っちゃった、どうしよう」と感情に身を任せた自分を悔いていた。普段のおっとりした雰囲気から想像しがたいキキちゃんの勇姿に多くのファンが心を打たれた。

かき永

フリップに“かき氷”と書いたつもりだった浅倉樹々ちゃんが普通に“かき永”と書いていた。周囲が「それ、かき永」と総ツッコミするも樹々ちゃん本人は「えっ、違うの?」と何が間違っているのかしばらく認識できないでいた。

たんこぶのさけび

こぶつば(こぶしファクトリー&つばきファクトリー)の数名で行われた言葉の並び替えクイズ(アナグラム)みたいな企画で『旅先の昆布』を並び替えて『三匹の子豚』にする問題が出された。なかなかの難問なので、正解率は40%を下回った。昆布の旅先(れなこ)、錆びた気分の子(はまちゃん)、伸びたさきんこぶ(あんみぃ)、豚のコンビ先(きしもん)と秀逸な回答が続いたが、MVPは樹々ちゃんが出した『たんこぶのさけび』であった。

サンフラスシンコ

前述したアナグラムクイズでの一幕で発生した珍事。こちらも前述したはまちゃん大佐の回答がおいしいところをすべて持って行ったこともあり、「つばきファクトリー、サンフランシスコで全員正解〜」とつばきの一致団結っぷりで綺麗に終了しようとしていた矢先、よーく見ると樹々ちゃんの回答の違和感に気づく。
一瞬見ただけでは気付きにくいが、『サンフラスシンコ』と回答していたのだ。『サンフラスシンコ』に関しては場に居合わせたメンバーからは「なんか食べ物でありそう〜」などの声もあがりしばらくの間、その場が爆笑に包まれた。

小片リサ

ほんとにご飯ばっか食べてる人誰?本当に!

つばきファクトリーDVDマガジン内の激辛カレーをチーム戦で食べるという企画での一幕。末代まで語り継がれるであろうリサ丸VSキキちゃんのチームメイト同士で争った伝説の合戦。激辛カレーなので当然ルーに対してご飯を食べる割合が高くなる。順調に量を減らしていくライスに対して、絶望的なまでに量が減らないルー。激辛カレー対戦も佳境に差し掛かるころ、キキちゃんが食べている最中、突然リサ丸の口から出た意外な言葉、それが「ほんとにご飯ばっか食べてる人誰?本当に!」である。ここで誤解しないで頂きたいのが、キキちゃんは実際にはご飯ばかり食べてはいなかった点である。この時の映像を拡大、検証した熱烈なつばきヲタによって、実際にはリサ丸の方食べたライスの量が多かったという結論も出ている。まぁ、でも、そんなことはどうでもよくて、争う2人すらが可愛すぎてヤバい。実に尊い。

小野田紗栞

イカちゃん

さおりんのお肌の透き通る無垢な白さをさわやか五郎(上々軍団)が、釣り上げられたばかりの新鮮なイカに喩えたことから、さおりんにイカちゃんというあだ名が命名された。

矢島舞美

矢島遺伝子

元℃-ute矢島舞美と竹内朱莉が親戚であるこることから竹内のファインプレー的な要素が露見した際に使用される。それは、矢島舞美という女性があまりにも非の打ち所のない『完璧超人』と評されるほどに人類としてハイスペックであるがゆえに、血縁関係にある竹内を引き合いに出した際に「さすがまいみぃの従姉妹だ!」といった意味合いが含まれる。矢島のハイスペックエピソードは語りつくせぬほど数多に及ぶ。
>>ハロメンの遺伝子情報の一部、血液型の秘密

ハロプロメンバー 準(非)公式ニックネーム・代名詞など

モーニング娘。

おだんご

小田さくら(モーニング娘。11期メンバー)のこと。公式ニックネームは『おださく』、通常は『おだちゃん』、『おい、小田ァ!』などと呼ばれているが、なぜかまーちゃん(佐藤 優樹)からだけこう呼ばれている。

狂犬チワワ

初期の工藤 遥(元モーニング娘。)という人物を形容する最適な言葉。小学生にしてイキリ倒していた工藤であったが、飯窪さんをして『エンジェルフェイス』と言わしめた天使のような可愛らしい風貌との左右極限、最大規模のギャップを弱っちいくせしてキャンキャンと良く吠えるキャワうぃーチワワのそれと結びつけた今世紀最大の例えネーミング。

たなさたん

モーニング娘。6期加入(現LoVendoЯ)田中れいなに尊敬と敬意を込めて呼ぶ場合の呼び名。名付け親は後輩である佐藤 優樹。当時、メンバー内で孤立路線を歩んでいた近寄り難いオーラを全身にまとっていたとされる田中れいなに対し、加入間もないまーちゃん(佐藤 優樹)が屈託のない満面の笑みで「たなさた〜ん!」と、れいなのパーソナルスペースに土足で踏み入った結果、見事にれいなの心を開かせることに成功したとされる。ピッコロと悟飯さながらの師弟関係を構築してからというもの、それまでのたなサタンとは打って変わって聖母のように暖かく後輩と接するようになったとの伝説が今なおリアルタイムで語り継がれている。

ディー/D

Dの意思を継承する者、加賀 楓(モーニング娘。13期)を呼ぶ際に用いられる。公式ニックネーム『かえでぃー』がめんどくさくなって省略されたと思われる。

どぅー

工藤 遥(元モーニング娘。2017/12 卒業)のニックネーム。加入当初の公式ニックネームは『くどぅー』だったのだが、省略されて『どぅー』の方が定着。工藤遥参加のラストシングルで寺田先生からどぅーへ贈る言葉的なソング『若いんだし!』のコーラスというか、合いの手というか、に『Do!』が散りばめられるところにセンスと愛情を感じざるを得ません。

ねちん

羽賀 朱音(モーニング娘。12期)のこと。公式ニックネーム『あかねちん』が簡略化された成れの果て、、、と思うじゃん? しかし、2017年あたりから更なる進化を経て『ちん』にまでエコブームが広がった。加入当初は『羽賀ちゃん』って呼ばれてたのに、中国の王様の一人称のような呼ばれ方をされるまでに… つーか、もはや元の名前一文字も含まれてないやん。

野中氏

野中美希のことであるが、野中のことを『野中氏』などと特殊な呼び方をするのははーちん(尾形春水)だけである。はーちぇるのふたりが織りなす絶妙な関係性を想像するとワクワクが止まらねー!

まーちゃん

佐藤優樹のことを親しみと敬愛の念を込めてまーちゃんと呼ぶ。まーちゃんは自分でもまーちゃんのことをまーちゃんと呼ぶ。しかし、つんく♂からは、まーちゃんのことをまーちゃん自身がまーちゃんと呼ぶことを禁止されている。しかし、まーちゃんは生まれてこのかたずっとまーちゃんだったので、なかなか自分のことをまーちゃんと呼ぶことを止められない。意識してまーちゃんがまーちゃん自身のことを「マサキは〜」と言うこともあるが、ナチュラルな状態だとまーちゃんはまーちゃんのことを“まーちゃん”と言ってしまうのであるが、そんなまーちゃんがみんな大好きなのである。しかし、まーちゃんも大人になるにつれ、最近ではまーちゃんはまーちゃんのことを“まさ”と呼ぶことが多くなった気がするよ〜

みにしげさん

道重さゆみに対して最上の敬意を表した呼び方。まーちゃん(佐藤 優樹)が名付け親。その後、まるでキリスト教が世界中に受け入れられていったのと同じくらいの速度でその呼び名が普及したとされる。

メシクボ

はるなん(飯窪春菜)のこと。おそらく、同期のまーちゃん(佐藤優樹)がはるなんのことを『メシクボ』呼ばわりしたのが起源。2012/12/29放送のモーニング女学院〜放課後ミーディング〜にて『メシクボ』発言が残っているため、割と歴史は古い。

飯窪「最近くどぅーのことも『はるか』って呼ぶようになったのに、私のことは『メシクボ』なんだよねー(笑)」

工藤「私が自分で『ハル』って言ってるからかもね」

石田「じゃあ、まーちゃんは今回のラジオの中で一回でいいからはるなんのことを『はるな』って呼んでみて?」

佐藤「遥は『はるか』、はるなんは『メシクボ』!」

石田「照れ隠し、照れ隠し!(笑)」

飯窪「フゥ~~!(笑)」

出典:ラジオ日本・モーニング女学院〜放課後ミーディング〜 より

Berryz工房

くまいちょー

アイドル界において、前代未聞の圧倒的長身を誇る熊井友理奈に対して嗣永桃子がつけたニックネーム。熊井ちゃんを都庁のように高い建物に喩えたナイスネーミングだとは思うのだが、ももち以外は誰一人として熊井ちゃんのことをそう呼ぶ者は現れなかった…

℃-ute

nksk

中島早貴(元 ℃-ute)を文字に起こした際に使われる公式の予測変換。

アンジュルム

おでん


竹内朱莉(アンジュルム)のこと。リリーフランキー作のおでんモチーフのキャラクター『おでんくん』にそっくりな愛くるしい風貌から親しみを込めてそう呼ばれることがある。

偽かりん

かわむー(川村文乃)のこと。かわむーがまだ研修生に加入して間もない頃から、ちゃんさん(Juice=Juice宮本佳林)と顔面が酷似していたことからファンのみならず、ハロメンまでもが時々本気で間違えてしまう怪奇現象が続発。その類似性に一本取られたという意味を込めて『偽かりん』のライセンスが支給された。

ばくわら

りなぷー(アンジュルム勝田里奈)のこと。敬意をこめてりなぷーのことを『ばくわらさん』と呼ぶ人も多い。たぶんブログの文章の最後の『笑』とか『w』みたいな感覚で『ばくわら』って入れていたのが見るものにとっては斬新かつ衝撃的だったためにばくわら呼ばわりされるに至ったのかと。(うろおぼえ)
>>りなぷーのばくわらエピソード

ばばちょ

アンジュルム和田彩花のこと。最年長でアンジュルム及びハロプロリーダーとしてそのキャリアが認められ、一部のヲタやアンジュルムメンバーから敬意を込めてそう評される。

まろ

スマレージ・アンジュルム 〜2015/5卒業)のこと。デビュー当初は自称『シンデレラの生まれ変わり』を売りにしていたブリブリのキャラ設定の殻を打ち破り、ある日突然、ブログで一人称が『まろ』になっていたことによる。おじゃる丸にハマっていたからということらしい。

まんの者

基本的にはむろたん(アンジュルム室田瑞希)を指す場合が多い。ネットスラングとして使用される、女性=まんの者 男性=ちんの者 から来ているらしい。おそらく、むろたんの服装が露出多めなところからきていると思われる。正式な使い方は『まんの者こと室田むろたん』。

わだちょ

あやちょ(アンジュルム和田彩花)のこと。突如としてほぼ公式ニックネーム『あやちょ』に飽きた一部の心無いメンバーからそう呼ばれ始めた。『関連ワード ばばちょ』

Juice=Juice

ちゃんさん

宮本 佳林(Juice=Juice)のことを指す。ハロプロエッグ(現ハロプロ研修生)に幼くして加入していたのでハロプロ内での積み重ねられたキャリアが生んだ悲劇の愛称。自分の方がデビューは先だが、ハロプロ在籍期間としては圧倒的に先輩にあたる宮本佳林を『さん付け』で呼ぶか『ちゃん付け』で呼ぶかで苦悩した鞘師里保が出した結論。それが『宮本佳林ちゃんさん』であった。一般的には、宮本佳林を話題にする時には『She』とか『Her』みたいな感じで気軽に主語が『ちゃんさん』化することが多い

暴君

かなとも(金澤朋子Juice=Juice)のこと。女海賊のような振る舞いでメンバーを恐怖政治で支配するサブリーダー金澤朋子に畏怖の念が込められ付与された通り名。暴君たる行為として代表的な実例としてメンバーへ挨拶代わりの肩パン、高木紗友希のベビーフェイスな顔面を下敷き代わりにして文字を書く、先輩の命令に「ノー」と言えない研修生から大好物のカリカリ梅を強奪事件などがあるとされている。

ローズクォーツ

金澤朋子(Juice=Juice)を象徴するワードとして用いられる。発祥由来はJucie=Juiceの楽曲、イジ抱き(イジワルしないで抱きしめてよ)のかなともパート、『私はローズクォーツ』の一節でローズクォーツ感が臨界点を突破してしまったためだと言い伝えられている。

kntm

金澤朋子(Juice=Juice)を文字に起こした時の敬称。
>>金澤朋子がモテ過ぎてkntm争奪戦が繰り広げられる

カントリー・ガールズ

いなばっちょ(ばっちょ)

元カントリーガールズ、2017年〜ハロプロ研修生北海道(北研)リーダー、稲場愛香。追記:2018年6月、Juice=Juiceの8人目のメンバーとしての加入が決定!

つゆ姉

山木梨沙さんの社会的地位と権威性を尊ぶ際に用いられる敬称。ネーミングの起源は夏の風物詩『ヤマキのめんつゆ』から発祥しているとのこと。

むすぅ

船木結が研修生加入当時、自己紹介が舌っ足らずな感じで「むすぶ」が「むすぅ」に聞こえたことに萌えたロリコンヲタがよくこう呼ぶ。類義語に「むちゅぶ」というものがある。

こぶしファクトリー

さこ

和田桜子の愛称。公式ニックネームは“わださく”だが、ほぼ定着しておらず、メンバーを中心に“さこ”呼びされることが多い。もしくは後述する“らっこ”呼びも主流。

大佐

浜浦彩乃(はまちゃん大佐)のこと。大佐としてのキャラが確立され、ご存知ひなフェス抽選会では2015、2016年と大佐フィーバーを巻き起こした。しかし、キャラの限界が訪れたのか、事務所の策略によるものなのかは知らないが、無血クーデター(世代交代)的な形をもって、2017年からは桃々姫(清野桃々姫)元帥にその座を取って代わられた。

藤丼

藤井梨央(2017年卒業)

らっこ

和田桜子のコール時の呼び方。自分の事を“らっこ”と呼ぶこともあり、また、らっこオタのことをらっこ隊として従えている。

れなし

小川麗奈(2017年卒業)



つばきファクトリー

イカちゃん

さおりん(小野田紗栞)のお肌の透き通る無垢な白さをさわやか五郎(上々軍団)が、釣り上げられたばかりの新鮮なイカに喩えたことから、さおりんにイカちゃんというあだ名が命名された。

オケツマン

突然なんの前触れもなしに他人のケツを無意識のうちに触ってしまう重度のフェティシズムを持つあんみぃ(谷本安美)に対して鈴木愛理が与えた称号。「触るぜお尻!!たとえそれが初対面の人や、大先輩であっても!!」

ズッホ

おみず(小野瑞歩)のことであるが、ズッホ呼び肯定派と否定派で完全二極化している印象。ズッキ(鈴木香音)を引きずっているようなイメージもあれば、単純に語感の響きの良さがウケていたりもするようだ。しかし、実際に声に出して『ズッホ』と言ってみて欲しい。その結果、どうなっても責任を負うことはできないが…

もっさん

谷本安美(個人的にはつばきの中ではクラスに居たら男子からかなりモテそうランキングNo.1)。ちなみにつばきにはきしもん(岸本)もいるのでこの呼び方はややこしいからやめて欲しいと個人的には切に願っている。

ハロプロメンバー組み合わせ(コンビ等)・セミユニット名称

アメリカ

スマイレージ(現アンジュルム)2期メンバーの名前の頭文字の羅列。及び、2期メンバーの総称。ア(竹内朱莉)メ(田村芽実)リ(勝田里奈)カ(中西香菜)。

えでまー

かえでぃー(加賀楓)&まーちゃん(佐藤優樹)のオフィシャルカップリングネーム。これまでこの二人のコンビは“まさかっちゃん”(後述)の愛称で親しまれていたが、2018年7月にかえでぃーのブログにより、3shotチェキ会で使用された「えでまー」ポーズが公表された。かえでぃーによるとまーちゃんも“まさかっちゃん”よりも“えでまー”の方がお気に召しているとのこと。

ききそら

つばきファクトリーの浅倉樹々と新沼希空のコンビに萌え萌えキュンキュンした際にその2名を崇め奉る言葉。

シメリーズ

モーニング娘。のセクシーの頂点を極めしふたり組、譜久村聖と小田さくらのウエッティコンビを指す。その由来は、このふたりが割と一緒にいることが多く、ベタベタしてるイメージが多いこと。そして、二人とも結構な汗メンなのでこのコンビによる百合的な絡みを妄想すると濃厚ジュクジュクの湿り気が連想されるためにファンの間ではこのコンビをシメリーズと呼ぶようになったのではないかと考えておる。

シャーロット世代

1997年生まれのハロメン達のかなりマニアックな総称。97年生まれが『シャーロット世代』となった事の発端はJuice=Juice高木紗友希がブログで読者の質問に答える形で誕生した。ブログ読者の質問は「一コ下は「ばくわら世代」とか呼ばれてるけど、自分たちに名前をつけるとしたら何世代?」との質問への回答。それが「シャーロット世代でしょ!!」であった。なぜ「シャーロット」なのか? それは高崎山動物園で話題となったお猿さんで英国王女と同名の「シャーロットちゃん」からきているとのこと。金澤=ローズクォーツ=朋子&高木=シャーロット=紗友希のツートップも字面としていい感じ。
>>シャーロット世代のハロメンは誰がいるの?

しゅわぽく

鞘師里保と佐藤優樹のコンビを表す愛称。サイダー大好き、りほりほ(鞘師里保)考案のサイダー愛を表現した『しゅわしゅわぽん』というおまじないと、言語表現すらその独自の世界観で表す、まーちゃん(佐藤優樹)が緊張した時の状態を表現する「ポクポクしてきた」を組み合わせた愛嬌とセンスが光る秀逸な造語。

スベリーズ

えりぽん(生田 衣梨奈 モーニング娘。9期)とあゆみん(石田 亜佑美 モーニング娘。10期)のコンビのこと。KYスベリ芸の伝道師えりぽんとオチのない話をドヤ顔で話す(本人は面白いと思っている)あゆみん。この両者の絡みによって織り成されるトークは会場全体を凍てつく波動で包み込むことに定評があったことから、その栄光を讃えて『スベリーズ』の称号が付与された。

嗣永さんとこの若い衆

ももちイズムの継承者たちであるカントリーガールズメンバー(主に、山木梨沙)の総称。名付け親はくろっき(黒木料理長)で、GNO料理コーナーでくろっきをヨイショしまくっていた山木さんに対して「さすが、嗣永さんとこの若い衆だよ!」と発した一言が起源。

ともこりん(ともかりん)

Juice=Juice金澤朋子と宮本佳林ご夫妻のこと。亭主関白のかなとも、そして、そんな亭主にメロメロのカリンちゃんさんの組み合わせはオタからも根強い人気を誇る。『ともこりん』呼び派閥と、『ともかりん』呼び派閥とにわかれるっぽいけど、大阪人がマクドナルドのことをマクドと略す程度の些細な違いでしかないということで良いのではないだろうか。
追記:かなとも&ちゃんさんのカップリングはもともとは“ともかりん”発信であったが、暴君かなともから「私の方が年上なのに、かりんちゃんだけ名前が全部入ってるのに私だけ“とも”の二文字なのはおかしい!」と意義申し立てがあった。
朋子崇拝者である佳林ちゃんは“ともこりん”呼び推奨? 一方、かなともの方はというと、“ともこりん”の方が朋子色強めの方が強そうだけど、響き的には“ともかりん”の方が良いとは思っているらしい。(2018/6/17/ラジオ日本“爆夜”より)

AAA(トリプルエー)

モーニング娘。の貧相なバストの持ち主3人組のオフィシャル非公式ユニット名。Aカップが3人でAAA。オリジナルメンバーは飯窪 春菜(ベニヤ板)、工藤 遥(アルミホイル)、尾形 春水(サランラップ)。

はーちぇる

尾形春水&野中美希夫妻のこと。このふたり主演の小説が人気。※ネットで『はーちぇる』と検索するとどうしても『りゅうちぇる』に関する情報ばかり出てきて死にたくなる。

ばくわら世代

りなぷーと同じ1998年生まれのハロメン(個人、全体含め)を指す。一時期ハロプロ内で最大勢力を誇っていたのがこのばくわら世代であるが、りほりほ(鞘師里保)やズッキ(鈴木 香音)といった人気メンバーの卒業を期にその勢力図はまーどぅー世代へと変遷されていくに至った。
>>人気メンがその名を連ねるばくわら世代のハロメン達!

船木結大好き隊

佐々木莉佳子&加賀楓のハロプロモデル体型コンビに対して宇宙一の名を誇る素晴らしいネーミングセンスの持ち主、船木結が付与した名称。

ぽんぽんコンビ

みずぽん(譜久村聖)とえりぽん(生田衣梨奈)の夫婦名。イケメン旦那えりぽんとおっとり団地妻ふくちゃんのオシドリもビックリの夫婦は巷では「理想の二人だわ」「憧れよエビバディバディバディ」などの声が上がっている。

まーどぅー

佐藤 優樹と工藤 遥のコンビの愛称。『辻加護』的な呼び方。

まーどぅー世代

1999年生まれのハロメンの総称。2017年前後のハロプロ内最大勢力。
>>人気実力を兼ね備え、ハロプロ中核を担うまーどぅー世代の面々

まさかっちゃん

まさ(佐藤優樹)&かっちゃん(加賀楓)アベックのことである。どぅー(工藤遥)というハロプロ内で多数の女子の女心を弄んだ女ったらしでチャラ男の元夫どぅーに愛想を尽かした別れたまーちゃんであった。しかし、女心と○○は移ろい易いもので、どぅー卒業後、まーちゃんが密かに思いを寄せ始めたのは、硬派系イケメンかえでぃーこと『かっちゃん』なのであった。まさかっちゃん間のディスタンスは徐々に縮まりつつあるようだが…
同義語「えでまー」

飯田優遥(めしだまさか)

モーニング娘。10期の4姉妹のこと。どぅーラストのDVD MAGAZINE VOL.105は10期の4人でなんかいろいろほっこりする企画で、タイトルは『10期の青春ど真ん中!飯田優遥のまさかまさかのお化け屋敷』。ちなみに、飯田優遥の読みは『めしだまさか』だが、『いいだまさはる』というケースが主流だった時期もあったようだけど、幻想であり、残像のようなものである。

ハロプロ関係者コードネーム一覧

姉重

道重さゆみ(モーニング娘。OG)の実姉のこと。ラジオ番組やブログ等で度々さゆみんが姉の持つ数々の伝説を暴露してきたことでファンにもその存在が定着。ちなみに、道重さゆみの父は父重、母は母重、兄は兄重の通り名でヲタからは親しまれている模様。

グラサン

テレビ朝日芸能デスク中島亨兵(通称:中島デスク)のこと。アイドル界に精通しており、特にハロプロを贔屓にしてくださっている模様。『アイドルもういっちょ』ではハロプロ愛を炸裂させた結果、ほぼハロプロ限定番組のような形となった。愛称の『グラサン』はそのままで、普段グラサンをかけているから。実はグラサンの方が本体で人間部分を操っているとかいないとか、そんな都市伝説があるとかないとか…

くろっき

アップフロント系列が展開する麻布十番にある和食・うどんの飲食店『京寿々』の黒木料理長のこと。GNO(Girls Night Out)などの番組内で数多くのハロプロメンバーに料理のいろはを伝授してきた。歯切れの良いチャキチャキの江戸っ子節(ちなみに埼玉出身)を炸裂させるその独特のキャラは多くのハロヲタから愛され人気に火がついた。お店に押しかけ料理長との2ショット写真撮影も一部で流行した。田中れいなにより『元ヤン』の嫌疑がかけられているのだが、真相は解明されていない、というか迷宮入りのままで良いと思っている。自称『じろりんご』。

寺田

ハロプロ産みの親、つんく♂の本名。寺田光男大先生のこと。

マネティ

アップフロントが誇る女性敏腕マネージャー。真野恵里奈を担当し、一流に育て上げたことで有名だが、過去には藤本美貴も担当していたこともあるようだ。2016年10月に退社の旨、報告があったが、2018年2月現在では彼女のツイッターが再開されており、「芸能プロダクションでマネージャーをしています」という自己紹介文が載せられている。

我が軍

マツコデラックス、松岡茉優、フットボールアワー岩尾、柳原可奈子、蒼井優、ユースケ・サンタマリア、渡辺いっけい、ハマ・オカモト、みすしな孝之、をはじめとした、ハロオタやハロプロ関係者の総称。

ハロメン(ハロプロメンバー)の使い魔(ペット)

ウーロン

かみこんちの猫。かみこがブログにアップしてたウーロンの写真がホラーっぽい雰囲気になってたので化け猫呼ばわりされてしまったが、完全黒猫ではないものの、黒多めの魔法使いかみこの使い魔の黒猫としてはいい感じの上國料ウーロンである。

おもち2号

鞘師さんとこのハムスター。本人のブログで紹介されていたが、「1号は?」というと、どうやらいるっちゃいるらしいが、ハムスターは犬や猫と比べても短命に終わることが多いため、現在では1号2号ともにその安否は闇の中。というか、鞘師卒業後(2018年1月現在)ではアメリカへと旅立った鞘師本人をスラムダンクの谷沢と重ねて気にかけているファンが多い模様。ほんとごくごくたまーにリークしてくる鞘師情報や動画などを見ると鞘師の復帰願望熱が急上昇するのである。

カニラ

譜久村家のカニ様。譜久村家には代々カニ様の祀り方が継承されているらしく、大胆にもそのカニ祀りスキームをブログで紹介してくれて話題となった。ちなみにモーニング娘’14からの『’年号』を踏襲しており『カニラ’17』といった具合に年号がつく。『カニラ』は複数匹存在し、それぞれの個体を指すこともあれば、『モーニング娘。』のように複数のカニ達によって構成されるユニット名の呼称となる場合もあるようだ。

ケサランパサラン

まーちゃんが飼っているペット。見た目は白いたんぽぽの綿毛のような妖精とされている。

ジャスミン

宮本佳林の家の猫。ちなみに、あまり懐かれてはいないようで、寒い日には意図的に室温を下げることで半強制的に自分のところに来させようとしている。佳林ちゃんはどうやら哺乳類受けがあまり良くはないらしく、隣に住む祖父母の犬からもあまり懐かれておらず、ロケでは鹿からもダッシュで逃げられていた。しかし、爬虫類とは波長が合うようで、蛇やトカゲからは熱烈なラブコールを受けることが多いようである。

すーさん。

鈴木愛理(元℃-ute)が世に送り出したゆるキャラ。ちなみに語尾の『。』を忘れてはならない模様。

ニギハヤミコハクヌシ(通称:ハク)

飯窪家で飼育されているウーパールーパー。飼育期間がそれほど長くない時に巨大化したらしい。気づいたらトサカみたいなとこが無くなっていたらしい… もともともう一匹飼って『荻野千尋』と名付ける予定だったらしいが、うやむやのうちに白紙になってしまったよう。

チャリコハせん

つばきファクトリーの魔女見習い、浅倉樹々ちゃんが溺愛する使い魔(ペット)、チャーリー(パピヨン♀)、琥珀(チワワ×マルチーズのミックス♂)、せんちゃん(セキセイインコ♂)のモフい三連星の総称。ジジという名の黒猫を飼っていそうという幻想は捨てましょう。

ポンちゃん

ハロメンのペットでポンちゃんは2匹存在している。一匹目のポンちゃんは田村めいめい(元アンジュルム/スマイレージ2期)ん家のシーズーとミニチュアダックスフントのMIX♂のぽんちゃん。二匹目のポンちゃんは森戸ちぃたん(カントリー・ガールズ/モーニング娘。`18)ん家のタヌキ(ポメラニアンとトイプードルのMIX)のポンちゃんである。ちなみに、めいめいのとこのポンちゃんはお腹が出ててポンポンしてるからポンちゃんという名前で、ちぃたんのとこのポンちゃんはポン酢ちゃんなのである。

ぬんとぅん

公式ネーム『金澤猫太郎』。かなともの愛猫。丸っこく太った愛くるしい風貌が人気を博した。かなともが帰宅するとぬんとぅんとの追いかけっこがスタートするらしい。追いかけてくる暴君かなともから必死に逃げるぬんとぅん。。。胸中お察しします。2017年12月、血栓症が原因で天国へと旅立った。あまりに突然のぬんとぅんの死に私も含めた多くのヲタが涙を流した。


ハロヲタが織りなすハロプロ愛の結晶

モーニング娘。、及びハロプロ関係の2ちゃんねるスレッドで日々議論を交わしたり、レアなハロプロ情報を提供してくださる熱狂的なハロプロファンの先輩方の総称。彼らの存在なくして、ハロヲタとしての人生をより面白く、充実したものにすることはかなわない。と、個人的には思っている次第。

チョコバット


現在ではハニー色がメンバーカラーのはるなんではあるが、チョコレート色時代にはその独特の色味によって数々の辛酸をなめてきたようである。その代表的なエピソードの1つとして、茶色チョコレート色のサイリウムが市販されていなかったことが挙げられる。一部のファン達はカラーセロファン等でサイリウムを自作したりしたようだが、中でも斬新で革新的な発想のもとクリエイティビティを発揮した一部のファンは大胆にもチョコバットでの代用を試みたという伝説が残されている。そんなこんなで時代は流れ、茶色チョコレート色との決別を果たし、ハニー色へと鞍替えしたはるなんも妹がチョコバットを食べているのを見て感傷に浸った瞬間をブログに綴っている。類義語『BIGチョコ』

りこりこのことそういう目で見るのやめてもらえませんか

りこりこ(山岸理子 つばきファクトリー)のセクシーボディによって生み出された悲劇。りこりこ関連のスレッドにて写真集の話題などになった際に「おっぱいが大きい」などの感想を述べることで間髪入れずに『りこりこのことそういう目で見るのやめてもらえませんか』とマジレスしてくる事案が話題となった。いつ何時、どのスレであろうと山岸理子を少しでもエロい目線で見るような発言をすればすかさず返ってくるマジレス。それが『りこりこのことそういう目で見るのやめてもらえませんか』である。

ハロプロイベント・リリース関係

アンジュルムハンマー

アンジュルムのとあるツアー限定のハンマー型のサイリウム(ペンライト)。ハロコンやアンジュルムのライブでこれを持っている人を見ると新参がすごく欲しがるが、手に入れたくても再販されないため、入手難易度が高すぎて絶望に打ちひしがれる結果となる。2018年5月のハロドラ内の企画で「復活してほしい物」の中でリスナーさんからのアンジュルムハンマーの再販希望メールを受け、かみこ(上國料萌衣)もこのアンジュルムハンマー熱望をあやちょ(和田彩花)と話題に挙げたと述べていた。

カウコン

毎年恒例の中野サンプラザにて開催されるカウントダウンコンサート。21時を過ぎる2部の出演は18歳以上のメンバーに限られる。メンバーには年越し蕎麦が振舞われるらしいが、2017-2018年、初のカウコン参加メンバーまーちゃん(佐藤 優樹)は年越し蕎麦を持参する意思を表明した。飯窪、石田から美味しいお蕎麦が出ると聞いた矢先になぜ持参しようと思ったかは神とまーちゃんのみぞ知るところである。

BD

メンバー個々の誕生日付近に開催されるバースデーイベントのこと。歌やダンスを披露したり、トークやゲーム的な企画が盛りだくさんなので、推しメンのBDはある意味コンサートよりも盛り上がるかもしれないですね。

Dマガ

ハロプロ各グループ、及びハロプロ全体で様々な企画を映像化したDVD MAGAZINEのこと。これまでトータルで数百枚以上リリースされている。2018年1月現在、ライブ会場、インターネット販売でのみ入手可能。どのグループのDマガにも言えることだが、基本的に『遊園地』と『キャンプ』は大当たりの回で内容的に満足、お値段以上の作品クオリティとなることに定評がある。

GNO

Girls Night Outの略。 YouTubeにて配信されていた(2017年3月終了)ハロプロメンバー、OGを中心とした番組。特にくろっき先生とハロプロメンバーとで実施される料理コーナーが爆発的人気を博し、むしろ他は飛ばして料理コーナーのみを見るという人も多かった模様。

ハロプロ楽曲名 略称

あななし

『あなたなしでは生きてゆけない』 Berryz工房

愛ごめ

『愛おしくってごめんね』 カントリー・ガールズ  『あいごめ』と読むのか『いとごめ』と読むのかの論争に終着点はないが、争うことなく共存すればいいと思っている。

カナブン

『悲しきヘブン』 ℃-ute

彼店

『彼と一緒にお店がしたい』 モーニング娘。

スッペ

『スッペシャルジェネレーション』 Berryz工房

大好絶許

『大好きだから絶対に許さない』 鞘師里保・小田さくら

ダンバコ

『ダンスでバコーン!』 ℃-ute

地平本願

『この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』 モーニング娘。

時空(ときそら)

『時空を超え 宇宙を超え』 モーニング娘。’14  読みは時空(とき)、宇宙(そら)。
余談だが、コンサートかなにかのリハーサルの場面でどぅー(工藤遥)が「ときそらー、ときそらー!」と合図か何かを送る一幕で、舞台裏のきそら(新沼希空)が「きそらー、きそらー!」と呼ばれたと聞き間違えて、「はい、なんですか!?」と飛び出していったというエピソードがあるらしい。

ピョコトラ

『ピョコピョコ ウルトラ』 モーニング娘。 れいな曰く、「ピョコトラなんて略さん!あれはピョコピョコ」とのことだが、ヲタには広く『ピョコトラ』で普及。

わかごめ(わかめ)

『わかっているのにごめんね』 カントリー・ガールズ

わき愛(J)

『わがまま 気のまま 愛のジョーク』 モーニング娘。